ブログ初心者がアイキャッチ画像を探すなら、著作権フリーのPixabayから始めよう

TeamXris / Pixabay
ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

ども、さとけんです。ブログ初心者は、アイキャッチ画像に使う写真やイラストを探すのも一苦労ですよね。

今回は、初心者でも著作権の心配がないフリー画像サイト【Pixabay(ピクサベイ)】と、その画像をWordPress内で検索・保存できる超便利なプラグイン【Pixabay Images】についてお伝えします。

ブログのアイキャッチ画像とは?

アイキャッチ画像とは、文字通り『見る人の目を引いて気持ちをつかむ』効果があります。また、ブログの見栄えを良くする効果もあります。殺風景な部屋に絵を飾るようなイメージですね。

  • 記事一覧で並んだ時、華やかで記事が見分けやすくなる画像
  • 記事の最上部にドーンと表示されて、記事の内容イメージさせる画像
  • SNSでシェアされた時、タイトルと共に表示される画像

 

文字だけしかないブログは、開いた瞬間に『読むのが大変そう』と思われがちです。
アイキャッチ画像は、文字だけだと読まずに離脱してしまう人を減らす効果があります。

またSNSでシェアされた時に、ブログカードと呼ばれる表示形式のリンクだと、タイトルやURLだけではなくアイキャッチ画像も表示してくれます。画像がある投稿は、文字だけの投稿よりも拡散されやすくなります。

 

初心者のアイキャッチ画像さがしは大変

ネットで見つけた画像を勝手にコピーして無断転載すると、著作権の侵害になります。
かといって自由に使えるフリー素材サイトも、実はこまかい条件や規約があったりします。

『フリー素材サイトの画像だけど、実際のところ、どこまで自由に使っていいのかよくわからない……』

なんてことはありませんか?
そこでブログ初心者にオススメなのが【Pixabay】です。

 

Pixabayは自由に使える画像が80万点以上

(2016年12月現在で80万点以上です。なんかスゴイ勢いで増えてるので、100万点以上を突破するのも時間の問題でしょうね)

Pixabayの画像は著作権フリーです。自由に転載二次利用することが許されています。そのワケは、Creative Commons(クリエイティブ・コモンズ)ライセンスで管理されているからです。

▼関連記事:クリエイティブ・コモンズ(CC)ライセンスについては記事の後半

引用と無断転載(盗用、パクリ)の違いは? ブロガーやアフィリエイター向けに、著作権とCCライセンスをざっくり説明

2016.12.12

 

Shutterstock(スポンサー画像)について
Pixabayの中でも、Shutterstockというロゴが表示されている画像は、スポンサー画像(有料)です。とはいえ、画像全体にデカデカとしたロゴが覆い被さるように表示されているので、うっかり間違えることはないでしょう。そもそもロゴの無い画像は購入しないと入手できません。

 

WordPressプラグイン【Pixabay Images】は超便利

Pixabayは、サイトから画像をダウンロードして保存したり、ブログやWebサイトにアップロードして自由に使うことができます。

しかし、WordPressを使っているなら、プラグイン【Pixabay Images】の利用が超オススメです。

Pixabayのあらゆる操作をWordPressの管理画面内だけで完結できます。いちいちPixabayから画像を一旦パソコンに保存して、それをWordPressにアップロードする手間がありません。

  • WordPress管理画面内で、Pixabayの画像を検索できる
  • 選んだ画像を、そのままWordPressにアップロードできる
  • アイキャッチ画像も、ボタンひとつで設定できる

 

Pixabay Imagesプラグインのインストールと有効化

WordPress管理画面の【プラグイン】→【新規追加】→検索欄に『pixabay images』と入力すると出てきます。【今すぐインストール】した後、有効化します。

Pixabayインストール

 

【設定】→【Pixabay Images】から設定変更画面が表示できますが、初期設定のままで問題ありません。

 

Pixabay Imagesの画像をアイキャッチ画像として設定する方法

1.記事の編集画面に追加された【Pixabayボタン】を押します。

pixabay_eyecatch1

 

2.検索欄に、欲しい画像に関連するキーワードを入れて、Searchボタンを押します。

日本語だと少ない画像しか出てこないので、英語でも検索すると良いでしょう。

pixabay_eyecatch2b

チェックボックスのオン・オフで、下記の条件を変更できます。

  • Photos……写真
  • Cliparts……イラストやCG
  • Horizontal……横長の画像
  • Vertical……縦長の画像

 

3.例えば、空の画像が欲しくて『sky』で検索すると……

候補に出てきた画像から、使いたい画像の上にマウスカーソルを置いてください。

pixabay_eyecatch3

 

4.使いたい画像のサイズをクリックします。

pixabay_eyecatch4

 

5.WordPressに保存するためのウインドウが表示されるので、下にスクロールします。

pixabay_eyecatch5

 

6.【アイキャッチ画像として使用】ボタンを押します。

pixabay_eyecatch6

ちなみに【投稿に挿入】ボタンを押せば、選んだPixabay画像を記事にそのまま貼ることもできます。

 

7.保存中……完了……と続いて、表示が消えます。

完了の文字が消えたら、アイキャッチ画像の設定が完了しました。右上の×でPixabay Imagesウインドウを閉じます。

pixabay_eyecatch7

 

8.Pixabayの画像が、アイキャッチ画像に設定されました。

pixabay_eyecatch8

 

初心者はまずPixabayを使えるようになろう

フリー素材サイトは、Pixabay以外にも無数に存在します。

しかし、ブログ初心者はまずPixabayから始めると良いでしょう。こまかい条件や規約に縛られることなく、初心者でも著作権違反を気にすることなく、安心して使えるからです。

Pixabayに慣れて使いこなせるようになってから、別なフリー素材サイトに手を伸ばしても遅くはありません。二次利用に関する条件や規約、CC0以外のCCライセンスなど、徐々に違いを理解していきましょう。

目指せ、フリー素材マスター。
もちろん、著作者と著作物への敬意を忘れずに。

ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

【5つの無料レポートをプレゼント】
実際に審査に通ったブログ&サイトを公開

■Report 1■
Googleアドセンスの審査に通った1ページしかないサイトを公開

■Report 2■
Amazonアソシエイトの審査に27回目で通ったブログを公開

■Report 3■
アフィリエイト初心者向けASP登録用ブログを公開

■Report 4■
自宅で稼ぐ初心者が今日からやるべき準備7+2

■Report 5■
要注意!僕が転職に失敗し続けた3つの元凶

全48ページ(A4版PDF換算)

コメントを残す