アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の違い

ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

ども、さとけんです。やる気満々でアフィリエイトに取り組んだものの、なぜか思ったほど稼げない……こんなはずでは……何が悪いんだ……記事が足りないのか?……いや、SEOが悪いのか?……いやいや、そもそも稼げない手法なのか?……もっと他に稼げる手法があるのか?……

そうならないために、アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の違いを挙げていきます。

アフィリエイトで稼げる人は、正しい戦術を実践する。
アフィリエイトで稼げない人は、間違った戦術に振り回される。

“誰がやってもそれなりに効果が出るテクニック”や、“誰がやってもそれなりに効率化できるノウハウ”など、“誰がやってもそれなりに成果が出る速効性の高い技術”戦術と言います。

 

そもそも戦術とは?

戦術(Tactics:タクティクス)とは、すごくぶっちゃけた説明をすると、『戦場で生き残るための戦闘技術』です。ビジネス的に言えば、『現場の問題を速やかに解決する技術』や『現場の問題を事前に回避する技術』です。

ちなみに僕はファイナルファンタジー・タクティクスが今でも大好きですが、タクティクス・オウガはまだクリアしてません。まずは伝説のオウガバトルからクリアしなければ。

さて。アフィリエイトは、正しい戦術を実践すれば割と成果が出やすいビジネスです。逆に、アフィリエイトで稼げない人は、戦術が間違っているか、単に実践(作業)が足りないか、どちらかでしょう。

 

アフィリエイトの戦術とは?

アフィリエイトの戦術とは、『時間的・金銭的な損失を抑え、効率的にアフィリエイトの報酬を増やすノウハウやテクニック』です。誰がやってもそれなりにアフィリエイトの報酬が稼げる、速効性の高い技術ですね。

 

アフィリエイトの戦術例

例)物販アフィリエイトでの集客の戦術
『SEOで検索結果の上位表示を狙いましょう。そのためには今すぐ商品を買いたがっている人が検索しそうなキーワードで記事を書きましょう。「商品名+激安」「商品名+最安値」といったキーワードで記事タイトルや文章を書きましょう』

例)信用を得るための記事ライティングの戦術
『ブログに訪れた人に売り込み臭を感じさせないために、ライバル商品との比較記事や、ランキング形式の記事を入れましょう。商品の成分や機能を並べ立てるだけではなく、その商品を使ったことで購入者自身が得られるメリットや、問題解決した明るい未来について書きましょう』 

例)時間的・金銭的な損失を回避する効率化の戦術
『独自ブログでWordPressを使う場合、見た目と機能性のバランスを重視して◯◯テンプレートを使いましょう。アフィリエイトを効率化するプラグインは◯◯、◯◯、◯◯です。検索されやすいキーワードのリサーチには、◯◯サービスか、◯◯ツールが有効です。アクセス解析には◯◯を導入するか、◯◯をPCにインストールします』

例)情報商材アフィリエイトでよく使われる販売の戦術
『購入を後押しするため、独自特典を付けましょう。希少性を出すため、数量限定にしましょう。人には先延ばしにする癖があるため、期間限定販売にしましょう。購入の不安を消すため、返品保証や返金保証を付けましょう』(数量限定はテレビショッピングで、タイムセールは近所のスーパーでもおなじみですね)

 

アフィリエイトの戦術を手っ取り早く知るなら書籍や情報教材

戦術を挙げていくとキリがないので省略しますが、手っ取り早く知りたい場合は、アフィリエイト関連の書籍や情報教材を参考にしましょう。書籍や情報教材は、誰がやってもある程度の成果が出せる再現性を重視しているので、アフィリエイトの戦術マニュアルと言えます。

書籍や教材に金をかけたくないから、ネットの情報を参考にして自分自身で試行錯誤するという人もいます。しかし、ネットの情報は偏りやバラツキがあったり、新旧の情報が入り乱れていたりします。間違った情報が正しい情報であるかのように書かれているものも少なくありません。

初心者は情報の真偽を見極める力がないので、無駄に遠回りをして結果的に損をしたり、いつまでも稼げずに挫折したりする展開になりがちです。

 

アフィリエイトの“正しい”戦術とは?

アフィリエイトの正しい戦術とは“今の自分にとって必要かつ有効な戦術”です。アフィリエイトの戦術は無数にありますし、人によって向き不向きもあります。不要な戦術をいくら続けたところで稼げませんし、時間を無駄にするだけです。

 

真面目な人ほど陥りがちな間違った戦術

良く言えば真面目な人、悪く言えば融通のきかない人。そんな人ほど不要な戦術をやり続けて、いつまでも稼げないというケースが多々あります。例えば、書籍や教材に書かれている内容を、一言一句、忠実に実践しようとする人です。

確かに書籍や教材には『自己流にアレンジせず、忠実に作業しなさい』と書かれています。しかし、それは書籍や教材が発売された当時の話です。古くなってしまった戦術を忠実にやり続けても、望む成果は出ません。

また、自分にとって不向きな戦術も、苦労の割に成果は出ないでしょう。自分の適性や強みを殺しながらストレスまみれの戦術を続けても、アフィリエイトそのものが嫌になってしまったら元も子もありません。

 

時代遅れの戦術をやってはいけない

時代遅れの戦術とは、文字通り今の時代に合わない戦術です。例えば、昔はmixiアフィリエイトや携帯アフィリエイト(ガラケー用のiモードサイト)なんてありましたが、今さらいくらやったところで稼げません。

また、SEOやブログ関連は常に状況が変化しています。最新の情報以外は、常に古くなっていくと考えておくべきです。効果が無いどころか、逆効果となったら目も当てられません。昔は有効だった被リンク戦術も、今はGoogleから容赦なくペナルティを食らってしまいます。

逆に、人の深層心理や購買行動にもとづく戦術は時代の変化を受けにくいです。セールスコピーライティングや脳科学マーケティングなどは、昔も今も変わらない効果を発揮する、本質的なノウハウです。

時代の変化に影響を受ける分野と、時代を超えても効果のある分野を、常に見極めていかなければなりません。

 

自分の戦略に合わない戦術を選んではいけない

もうひとつ、自分の戦略に合わない戦術をやってはいけません。

戦略とは方針とも言い換えられます。自分がやろうとしているアフィリエイトの方針に役に立たない技術や、方針をねじ曲げるような本末転倒の技術をやり続けても稼げません。仮に稼げたとしても、それ以上のストレスに悩まされることでしょう。

次で詳しく説明します。

 

アフィリエイトで稼げる人は、戦略がブレない。
アフィリエイトで稼げない人は、戦略がブレる。

やろうとしているアフィリエイトの方針を、ここではアフィリエイトの戦略と呼びます。自分の戦略(方針)に合った戦術(技術)を選べば、最少の労力で最大の効果を発揮します。

しかし、戦略に合わない戦術を選べば、やろうとしている方針と実践する技術がチグハグになります。無駄な時間と労力ばかりを失い、その割に効果は薄いということになります。

マラソン・ランナーを目指しているのに、100m短距離走のスタートダッシュの練習をしても、望む成果は出ないでしょう。水泳選手を目指しているのに、ボディビルのようにムキムキの筋肉をつけるトレーニングも無意味です。

 

そもそも戦略とは?

戦略(Strategy:ストラテジー)とは、すごくぶっちゃけた説明をすると、『戦争に勝つための軍の編成や進軍や補給の方針』です。ビジネス的に言えば『利益を上げるための経営方針や経営計画』です。

ストラテジーの語源は、ギリシャ語の『軍を導く将軍・総帥』から来ています。ガンダムで言えば、地球連邦軍を率いるレビル将軍や、ジオン軍を指揮するギレン総帥です。彼らの仕事は戦略決定です。戦術を駆使して目の前の敵を倒すパイロットと違い、全体的かつ大局的な視点から勝利を得るための意思決定をします。

僕が好きな海外マーケターのリッチ・シェフレンは、インターネットビジネス・マニフェストの中で戦略の重要性を説いています。『起業家として成功したければ、儲け話や稼げるノウハウを次々と乗り換えるチャンス追求型の起業家ではなく、自分の適性や方針を見極めた戦略的起業家になれ』と言っています。

 

アフィリエイトの戦略とは?

アフィリエイトで稼げる人は、ブレないアフィリエイトの戦略があります。戦略が固まっていれば、必要かつ有効な戦術を取捨選択できるからです。

アフィリエイトで稼げない人は、軸となるべき戦略が存在しません。だから戦術も取捨選択できないのです。『稼げる』『簡単』『効果あり』と言われるがままに、不要なノウハウや流行りのテクニックに振り回されてしまいます。

戦略がないと、難しい作業や面倒な作業が出てくるたびに『もっと楽で簡単な方法があるのではないか?』と考え、努力をせずに他の方法を頼ろうとします。あらゆる作業が初心者レベルのまま成長しないので、ライバルにも勝てず、稼げないまま挫折するのです。

どんなアフィリエイトのジャンルを選び、どんな商品を扱い、そのためにどんなブログと記事が必要か? 知識や経験をもとに強みや特技を活かしたアフィリエイトの方針を定めることが、アフィリエイトのブレない戦略になります。

 

アフィリエイトで稼げる人は、アフィリエイトで稼ぐ理由がある。
アフィリエイトで稼げない人は、アフィリエイトで稼ぐ理由がない。

そんなの当たり前じゃないか?と思われるかもしれませんが、実は一番大事な要素です。

例えば、本当は大学に行きたいと思っていないのに皆が進学するから自分も受験するという高校生は、受験勉強に身が入るわけがないですよね。無理に勉強しても頭に入らず、ストレスになるだけです。アフィリエイトも同じです。

  • 勤め先がブラックだから、どうしても雇われずに生活費を稼ぎたい。
  • 子育てと介護で働きに出られないから、どうしても自宅で稼ぎたい。
  • そのためにはアフィリエイトが最適だし、それ以外の方法もない。

 

逃げ場を残している人はモチベーションを言い訳にする

どうしてもアフィリエイトで稼がなければならない理由がある人は、モチベーションや気分に関係なく、稼げるまで作業を続けます。それしか道がないと思えば、面倒な作業も自分の力で乗り越えるしかありません。

しかし『稼げるなら株でもFXでもギャンブルでも何でも良い。もし稼げなくても、他にまだ収入があるから特に困らない』というような人の場合、アフィリエイトで稼ぐ強い理由がありません。稼ぐ必要性(needs:ニーズ)や、欲求(wants:ウォンツ)が希薄だと、気が向いた時しか作業をしません。難しい作業や面倒な作業といった壁に当たる以前の問題です。

アフィリエイトはビジネスです。ビジネス意識で取り組んでいるアフィリエイターと、たまに気が向いた時しか取り組まない気まぐれアフィリエイター、自分がお客さんだったら、どちらを選ぶでしょうか?

 

アフィリエイトで稼げる人は、ビジネス意識。
アフィリエイトで稼げない人は、お客様気分。

マインドセット・意識付け・考え方を精神論として嫌う人は多いですが、アフィリエイトはビジネスなので、好き嫌いに関わらずビジネス意識は必要です。あった方がいいと言うより、なければいけない前提条件と言うべきかもしれません。

 

自己責任と他者責任

ビジネス意識のあるアフィリエイターは、何ごとも自己責任という意識があります。覚悟とも言えます。稼げなければ、自分に何が足りないのかを考えます。記事の内容、SEO対策の結果、読者とのやり取りにも責任を持ちます。

自己責任の覚悟がある人は、うっかり詐欺的な教材を購入したとしても、騙(だま)された自分にも落ち度があったと考えます。例え詐欺的な教材だとしても、貪欲に何かを学び取ろうとします。

『なぜ、自分はそんなものを購入してしまったのか?』
『一体どこに惹かれる要素があったのか?』

アフィリエイター目線に立ち、集客や販売のテクニックを逆に盗み取ろうとします。

しかし、お客様気分のアフィリエイターは、成果が出なければ全て相手のせいにしようとします。稼げない教材が悪い・手法が悪い・ツールが悪い・教えたヤツが悪い・環境が悪い・ブログ訪問者が悪い・メルマガ読者が悪い・etc…… ありとあらゆる自分以外の“何か”や“誰か”のせいにします。

酷い時は、ブログやメルマガやSNSで、読者に鬱憤(うっぷん)をぶちまけます。しかし、他者に責任転嫁している限り成長はしません。当然、稼げるようにはなりません。

 

主体性と依存性

ビジネス意識のあるアフィリエイターは主体的に行動します。主体的とは、次に何をどのようにすればいいかを自分で判断し、やるかやらないかを自分で決断し、決めたことを自分で行動に移します。

お客様気分のアフィリエイターは他者に依存します。わからない事は自分で調べず、すぐに誰かに答を教えてもらおうとします。何かを選ばなければならない時でも自分で判断せず、誰かに決めてもらおうとします。そして行動も指示待ちだったり、指示されたこと以外はやろうとしません。

依存は責任を丸投げしているのと同じです。そのため結果が思い通りにならないと不平不満をぶつけ、自分は被害者であると振る舞い、周囲から同情を得ようとします。そしてまた他の物や誰かを頼り、同じことを繰り返します。

いくらアフィリエイトが一人でもできるビジネスとはいえ、取引先や同業者を通じて悪い噂がネットに広まれば、ビジネスにおいて良いことは何一つありません。

またブログやメルマガで感情的に他者批判をしたり、被害者意識を出して同情を得ようとしたりすれば、読者は離れていきます。直接的な内容ではなくても、文面からにじみ出るネガティブな空気を、読者は察するものです。

 

投資意識と無料のこだわり

ビジネス意識のあるアフィリエイターは投資意識があります。投資と言っても、株や為替のような金融投資ではありません。より多くの利益を得るために、先にお金を払って設備や人材を確保する行為です。設備投資や人的投資と言いますよね。

アフィリエイトにおける設備投資は、作業効率の上がるパソコン・セキュリティ対策・高速なインターネット回線・ネット上の領域であるレンタルサーバー・ネット上の看板とも言えるドメイン・サイト作成ソフト・WordPressテンプレート・画像処理ソフトなど。

古いパソコンで頑張ろうとする人もいますが、作業効率が落ちると全てに悪い影響があります。高価な最新パソコンとは言わないまでも、最低限、作業に必要な性能は惜しまないようにしましょう。良い職人は道具にもこだわるものです。

サポート切れのOSは論外です。セキュリティ駄々漏れです。本人は気にしなくても、取引先や顧客の情報が漏れたら損害賠償モノです。

レンタルサーバーと独自ドメインは必須と考えましょう。無料でやれることには限界があります。無料ブログや借り物のドメインは、突然の変更やサービス停止のリスクが高いです。

アフィリエイトにおける人的投資は、基本的には自分自身への投資ということになります。知識と技術のスキルアップのために、書籍、情報教材、有料セミナー、コンサルやスクールを活用します。

他にも集客のための広告費、ライバルと差別化するためのブランディング(イメージ戦略)費用、アフィリエイトするジャンルの商品やサービスを実際に購入して試すなど。

先に払えば後から大きな報酬が得られる投資意識』は、ビジネス意識と密接に関わっています。

 

無料にこだわり過ぎるのは、かえって遠回り

お客様気分のアフィリエイターは、とにかく無料や激安にこだわる傾向が強いです。意識がお客様のままなので、お金を払う意識が消費や浪費のままなのです。投資意識とは利益を生む資産にお金を先払いするという考え方です。無料はお金を払わない分、時間と手間を投じて利益を先延ばしにすると言えます。

例えば、東京から九州まで1ヶ月かけて無料で歩いて行くか、3万円の飛行機代を払って数時間で到着するか、という意識の違いです。アフィリエイターは雇われ労働ではないので、日数を無駄にすればするほど、その日に稼げたはずの儲けを失っていると考えるべきです。また、稼ぎが先延ばしになるということは、経費だけが日々垂れ流されていくということです。

作業にかける日数が短ければ短いほど、稼ぎの額は大きくなります。また仮に失敗することがあっても、早めに修正して再挑戦する余裕があるので、成功の確率は上がります。アフィリエイトは『いかに試行錯誤の回数を増やすか』という考え方が重要です。

無料にこだわり、非効率的な作業をダラダラとやり続けているうちに、ライバルはどんどん投資をして稼ぎを増やしていきます。作業の効率化、時間の短縮化、質の向上のために、積極的に投資していくビジネス意識を持ちましょう。

 

無料で手に入る情報やツールを買うのは無駄という人もいるけど……

情報やツールは無料でいくらでもネットにあるから、書籍や教材やツールを購入するのは無駄という意見もあります。また、そんな値段で買うのはバカだといった声もあります。

しかし、初心者はネットに溢れる情報の真偽、新古、ツールの有効性を判断できません。『無料で手に入る情報やツールを買うのは無駄』という人は、目先のことしか考えられない狭い知識や、偏った知識にこだわる傾向が強いです。本人が気づいていないだけで、実は無駄な作業で遠回りをしていたり、余計な時間を浪費したりしているパターンです。

昔、WordやExcelを自己流で操作し、それで充分だと思っていたことがありました。しかし、資格取得のために解説本を買い、知らなかった基本操作をいくつか覚えただけで、それまで何年も苦戦していた作業が、一気に何倍も楽になったことがありました。

受験勉強だって、学校の教科書と図書館の本だけでやるより、必要なお金を払って参考書・問題集・塾・家庭教師を活用する方がずっと効率的に学べるでしょう。

自己投資とは、『自分にとって必要であるかどうか』と『払う金額に見合うと自分自身が思えるかどうか』で判断するものです。やたらと買わせようとする人の意見も、とにかく無料で押し通そうとする人の意見も、どちらも参考意見にはなりますが、最終的には自分自身で決めればいいのです。

 

稼げるアフィリエイターになるために

ここまでしっかり読んでいただけたら、それだけでその他大勢の初心者アフィリエイターを一気に飛び越えアフィリエイトで稼げる人に近づいたと言えます。

戦術や戦略といった用語も、アフィリエイトに限らず、様々なビジネスにおいて当然のように使われています。もしボンヤリとした理解であったなら、ぜひ今回の記事で理解を深めてください。

最後のビジネス意識とお客様気分については、少々厳しい内容になったかもしれません。でも、ここを間違えたままだと、いくら戦略や戦術を鍛えても伸び悩んでしまいます。

ちまたのブログやメルマガでは、聞き心地のいい綺麗事ばかりを並べ立てているでしょうけど、僕はへそ曲がりなのでショック療法でお伝えしました。

夢見がちなライバルを横目に、現実的なビジネスを積み重ねて、安定継続的な収入の柱を作っていきましょう。

インターネットマーケティング最強の戦略
  • インターネットを使って新規客を集客したい。商品サービスを販売したい。
  • インターネットを使って売上が上がるようにして働く時間を減らしたい。
  • もっと商圏を広げて売上を上げたい。ビジネスの規模を大きくしたい。
  • 1人でも多くのお客さんにブログを見てもらうための8つの方法
  • 売れるブログにするために絶対に入れるべき4つのポイント
  • 何度も使い回しできる売れる広告を作る方法
  • 理想のお客さんになってくれる人を集客する4ステップ
  • 売れなかった商品が簡単に売れるようになるたった1つの秘密

インターネットマーケティング最強の戦略(オーディオブック付き):小川忠洋

ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

【5つの無料レポートをプレゼント】
実際に審査に通ったブログ&サイトを公開

■Report 1■
Googleアドセンスの審査に通った1ページしかないサイトを公開

■Report 2■
Amazonアソシエイトの審査に27回目で通ったブログを公開

■Report 3■
アフィリエイト初心者向けASP登録用ブログを公開

■Report 4■
自宅で稼ぐ初心者が今日からやるべき準備7+2

■Report 5■
要注意!僕が転職に失敗し続けた3つの元凶

全48ページ(A4版PDF換算)

コメントを残す