言われないと気づかないアフィリエイトのメリット(とデメリット)

ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

ども、さとけんです。アフィリエイトのメリットとして、よく“自由度の高さ”や“大きく稼げる報酬額”が強調されがちです。しかし、実はそれだけではありません。せどりや転売ビジネスと比較しても、初心者向けのビジネスモデルとして優れた特徴がたくさんあるのです。

自宅で稼ぎたい初心者・ネットを活用したいプチ起業家・ブログを収益化(マネタイズ)したいブロガーに最適なアフィリエイトのメリットと、ちょっとだけ残念なデメリットの両方をお伝えします。

そもそもアフィリエイトとは?

超カンタンに言ってしまえば、インターネットで商品を広告宣伝するビジネスです。
こんな商品広告をブログなどで見たことありますよね?

平たく言えば『クチコミ』です。

例えば、あなたがこの広告を経由してamazonから本を購入すると、本を紹介した僕に紹介報酬が支払われます。報酬を支払ってくれるのは広告主(amazon)なので、購入者に上乗せされるわけではありません。僕は『amazonの代わりにネットで商品を宣伝する営業マン』みたいな役割です。

amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのオンラインショップだけではなく、本、CD、DVD、ゲーム、玩具、フィギュア、衣料品、食料品、ベビー用品、化粧品、コスメ、アクセサリー、スポーツ用品、アウトドアグッズ、パソコンIT機器など、近所のスーパー、デパート、家電量販店でも売られている、CMでおなじみの商品ならば大体なんでもクチコミできます。

さらに、電子書籍、ダウンロード音楽、スマホアプリ、パソコンソフト、ツール、高級ブランド、高級腕時計、宝石、引越し業者、中古車売買、求人情報、情報教材、セミナー講座、人間ドック、エステサロン、サプリメント、クレジットカード、生命保険、葬儀業者など、高級品や、ちょっと変わったサービスまで、ありとあらゆるものがクチコミできます。

ちなみに僕は主に、ビジネス書籍、ビジネス講座、パソコンソフト、ツール、情報教材をアフィリエイトしています。

アフィリエイトをする人のことをアフィリエイターと呼びます。学生、主婦、サラリーマン、引きこもり、高齢者など、個人で手軽に始められます。僕は、本業の裏でアフィリエイトをする副業アフィリエイターとしてスタートしました。

最初は『楽して儲かるインターネットビジネス』という邪(よこしま)な気持ちで始めました。ありがちです。しかし、楽して儲かるほど甘くはなかったです。だからこそ、初めて商品が売れた時の喜びは今でも忘れられません。初報酬は11,400円でした。

 

アフィリエイトの長所、メリット

  1. 自由度が高い
  2. 初心者でも始められる
  3. 費用が安い
  4. 面倒な管理業務がない
  5. 報酬を倍々に増やしやすい
  6. 稼ぐ仕組みを自動化しやすい
  7. その他のメリット

雇われてもうまく働けない人』『子育てや介護や看護など家の事情で外に働きに出られない人』『震災や災害で職を失った人長期の避難生活を強いられている人』に向いています。

順番に見ていきましょう。

 

1.自由度が高い

  • 好きな場所で作業できる
  • 好きな時間に作業できる
  • 好きな方針で作業できる

 

好きな場所で作業できる

アフィリエイトは、パソコンとネット(回線)があれば作業する場所を選びません。自宅に限らず、スタバでMacBookを広げてドヤ顔しながらノマド気取りで作業することもできますし、やろうと思えば旅行中にスマホで作業することも可能です。(それはちょっとやりづらいですけど)

会社組織でうまく働けない人や、大勢の人とやり取りするのが精神的に疲れてしまう人、はたまた自分の部屋が大好きな引きこもりといった人は、自宅で好きな音楽でも聴きながらマイペースで作業できるアフィリエイトが向いています。(今の僕です)

子育て・介護・看護などの事情で外に働きに出られない人も、自宅ですべて作業できるので始めやすいビジネスです。また、外で働くことはできるけど、保育所や病院や介護施設の送迎などの兼ね合いでなかなか採用されない人にとっても、転職先が決まるまでの間、空いた時間に実践する価値はあると思います。場所だけではなく作業時間も自なので、採用後も副業として続けることができるビジネスです。

震災や災害によって職を失った人や、仮設住宅や長期避難生活をしている人にとっても、パソコンとネットさえあれば作業できるアフィリエイトは、検討の価値があるビジネスだと思います。

自宅で稼ぐメリットとして、通勤から解放されるのも大きいですよね。大雨・台風・猛暑・大雪といった日も家から出る必要はありません。僕も東京で勤めていた頃は、総武線の通勤ラッシュで毎日ギュウ詰めになって、朝からグッタリと消耗していました。

また、通勤に費やしていた時間が空くのも、地味に大きいメリットです。1日の通勤時間が往復1時間なら1ヶ月で30時間。その分を睡眠時間として健康維持に回すも良し。映画鑑賞、読書、運動、家族との余暇といったリフレッシュに使うも良し。学びの時間とすれば、何かしらの資格取得やスキルアップも可能でしょう。

僕はアニメを観たり、ゲームしたり、ガンプラ作ったりしてます。
気付いたら小中学生の頃と同じことをしてました。

 

好きな時間に作業できる

アフィリエイトは、好きな時間に作業できます。僕のように朝が苦手で、静かな深夜こそ集中して冴え渡るような人にはもってこいです。社会は朝型や昼型人間に最適化されているので、そもそも夜型人間は企業勤めに向いていないのです……

好きな時間に起きて、集中できる時に集中し、疲れたら休んで、調子の良い日は長時間作業し、ダメな日はサボって、眠い時には昼寝して、それでも眠くなったら早寝したり、眠くなければ夜明かしをしながら作業して…… 今の僕はそんな感じです。ちょっとダメ人間要素の方が強いですな。

子育て、家事、介護、看護など、時間が細切れになってしまう主婦(主夫)にはうってつけですまとまった時間がある人の方が意外とダラダラしがちなので(我ながら耳が痛い)、細切れ時間をテキパキ活用する主婦(主夫)の方が集中して作業がはかどるなんて話もあります。

 

好きな方針で作業できる

アフィリエイトは、好きな方針で作業できます。自分は今こうしたいという方針を決めて、好きなだけ、気の済むまで取り組めます。逆に、ダメだと思った作業をグダグダやり続けることもなく、速やかに次の手を試すことができます。

無茶な業務を振られてプレッシャーで胃が痛くなることもなければ、無茶なノルマを設定されたり、達成したらますますノルマが厳しくなって、自分の首を絞めることもありません。

リアルビジネスの個人事業やフリーランスと違い、アフィリエイトは顧客対応や取引先とのやり取りが不要なので、他者に方針を振り回されるケースが限りなく低いのです。

やりたくないことでも仕事だから従わなければならない── それが日々どれだけ強いストレスになっていたかを、アフィリエイトを始めてから逆説的に理解しました。

次はどんなアフィリエイトをやろうか、どんなマーケティングを試そうか、今は毎日の作業を楽しんでいます。

 

2.初心者でも始めやすい

  • 独自の商品やサービスが無くても始められる
  • 専門知識が無くても始められる
  • 趣味や体験を活かして稼げる
  • 商品知識ゼロでも売る方法がある

 

独自の商品やサービスが無くても始められる

アフィリエイトは広告宣伝ビジネスなので、独自の商品やサービスが無くても始められます。
自分で商品を製作したり、サービスを企画したりする必要はありません。

今、手元に売るものがなくても、既に星の数ほど存在する有名企業やメーカーの商品を、企業やメーカーに代わって世の中に広める手伝いをすればいいのです。

 

専門知識が無くても始められる

アフィリエイトは、免許や資格といった専門知識が無くても始められます。

リアルビジネスで起業独立となると、税理士や行政書士のように士業の資格を取得したり、調理師免許や運送業の免許が必要だったり、初心者であることを悟られない振る舞いが求められます。

アフィリエイトは、今の自分のレベルに合わせて、無理なく始められます。ブログの情報発信やサイト作りも、できることから始めれば良いのです。プレッシャーをかける上司はいませんし、お客さんの前で自分を偽る必要もありません。

 

趣味や体験を活かして稼げる

アフィリエイトは、趣味や体験を活かして稼げます。お堅い専門知識ではなく、プライベートの趣味や特技、旅行やイベントといった経験が価値を生みます。

これまでに何度もネットで疑問を検索してきましたよね?
そして名も知らない誰かのブログ記事や、Q&Aサイトの回答に助けられてきませんでしたか?

あなたも同じことをすればいいのです。自分の知っている知識で、初心者や悩みを抱えた人達を助けるのです。ブログで商品が紹介されていれば、あなたを信じてその商品に興味を持ち、購入してくれるようになります。

いくら専門知識に詳しくても、感じの悪い人からモノを買おうとは思いません。でも、気の合う友人や興味のある人が紹介している商品があれば、素直に信じて購入のハードルも下がります。趣味や体験に共通項があれば、仲間意識や信頼を生みます。仲間や信頼する人のクチコミは、どんなビジネスにおいても最強の広告宣伝効果があります。

 

商品知識ゼロでも売る方法がある

アフィリエイトの中には、商品知識ゼロでも売る方法があります。

自分が書きたいブログ記事を書くだけ──アフィリエイトする商品を選ぶ必要すらない──商品が購入されなくても広告をクリックされるだけで報酬が発生する── そんなアフィリエイトの手法もあるのです。

商売っ気がまるでない面白ネタブログ、アニメやゲームやアイドルについて徹底的に書き連ねた趣味ブログ、料理やガーデニングについて日々淡々と更新していく日常お役立ち系ブログ、etc……

アフィリエイト作業にわずらわされることなく、記事の更新にのみ集中し、ブログ訪問者を楽しませたい人に向いているアフィリエイト手法です。

 

3.費用を安く抑えられる

  • 初期費用ゼロでも始められる
  • 仕入費用がかからない
  • 毎月の出費や負担が少ない

 

初期費用ゼロから始められる

アフィリエイトは、初期費用ゼロからでも始められます。パソコンとインターネット回線さえあれば、今日からでも費用ゼロでアフィリエイトを始められます。

ただし、現実的に生活費を稼ぐ前提であれば、レンタルサーバーを契約し、独自ドメインを取得する方が効率的です。あまり無料にこだわり過ぎない方がいいことも付け加えておきます。それでもせいぜい月額数百~千数百円程度です。

万一、アフィリエイトが自分には合わないとか、続けられない事情ができたとしても、初期費用が低ければ金銭的ダメージは安く抑えられます。

 

仕入費用がかからない

アフィリエイトは広告宣伝であり、商品を直接販売する物販ビジネスではないので、商品の仕入れは不要です。

物販ビジネスの場合、商品を売るためにはまず仕入れが必要です。当然、仕入れには仕入費用がかかります。一般的な物販ビジネスは、売るものを常に先払いで手に入れるのが原則です。

アフィリエイトは仕入れが不要なので、先に現金を失うリスクはありません。

 

毎月の出費や負担が少ない

アフィリエイトは、毎月の出費や負担を少なくすることができます。

売上に関係なく毎月支払わなければならない費用を固定費と言います。固定費とは家賃、駐車場台、光熱費や回線の基本料金、従業員に支払う給料などですね。固定費は赤字の月でも必ず出て行くお金なので、安ければ安いほど負担が減ります。

その点、アフィリエイトの固定費は、月額数百~千数百円程度。せいぜい回線費用、レンタルサーバー代、ドメイン代ぐらいです。毎月、重い負担を強いられるビジネスではありません。

 

4.面倒な管理業務がない

  • 発送や返品などの在庫管理が不要
  • 入金や集金などの決済処理が不要
  • クレーム対応が不要

 

発送や返品などの在庫管理が不要

アフィリエイトは発送や返品といった在庫管理が不要です。商品を仕入れたり、発送したり、返品を受け付けたり、在庫を管理する業務は、すべて企業側の担当です。

在庫を抱えるビジネスは、仕入れた商品や売れ残りの在庫で、家の中が商品で山積みになっていきます。それを避けるために倉庫を借りたり、業者に管理を委託したりすれば、当然ながら費用もかかります。

アフィリエイトは無在庫ビジネスなので、自宅が商品に占拠されることも、保管費用も発生しません。

 

入金や集金などの決済処理が不要

アフィリエイトは、入金や集金といった決済処理も不要です。

商品代金は、購入者と企業との間で直接やり取りされます。アフィリエイターが顧客からの入金を確認したり、クレジットカード決済の管理をすることはありません。当然、返金処理もアフィリエイターは一切関与しません。すべて企業側の責任において処理されます。

僕が昔、単発のIT作業代行を数回ほどやった時、見積もりや、請求や、集金の大変さを嫌というほど味わいました。(踏み倒されたこともありました)

リアルビジネスの集金というのは、値切られたり、先延ばしにされたり、気の重い催促をしたり、踏み倒されそうになって督促をしたり、入金まで気が気じゃなかったりして、ある意味、売ることよりも精神的に負担の大きい作業です。

そうした入金・返金・値引き・集金・決済がらみの手間が無いというメリットだけを見ても、アフィリエイトは初心者向けのビジネスと言えます。

 

クレーム対応が不要

アフィリエイトは、購入者から直接クレーム対応を迫られることはありません。商品の不備やサービスに対する不満といった、購入者のクレームはすべて企業側が直接担当します。

アフィリエイターは業務において、購入者からのクレームを受け付けたり、顧客と企業を仲介したり、企業からクレーム解決を押し付けられたりするようなことはありません。自宅にクレーム電話がかかってくることも、自宅にクレーマーが押しかけてくることもありません。

 

5.報酬を倍々に増やしやすい

  • 様々な数値データを解析できる
  • 少ない労力で大量に売れる

 

様々な数値データを解析できる

アフィリエイトは、様々な数値データを解析できます。数値を根拠にすることで、伸ばすべき強みや、補強すべき弱点が明確になるため、売上を伸ばすために効率的で確実性の高い方法を判断できます。

例えば、集客数が足りなければ、検索エンジンの上位表示に力を入れて、ブログのアクセス数を増やしてみようといった判断ができます。集客は充分なのに購入に至らない(成約率が低い)ことがわかれば、記事の修正や追加を試してみます。集客や成約率に問題がないのに売上が伸び悩んでいるのであれば、高単価の商品を追加したり、購入回数を増やす対策をすればいいことがわかります。

また、先に2倍、3倍、5倍、10倍といった売上目標を定め、それを達成するために各数値をどこまで伸ばすべきかを目標から逆算しやすいのも、数値データを細かく解析できる利点です。一人でコツコツ作業するのが好きな人や、シミュレーションゲームの数値を上げていくのが好きな人に向いていますね。

改善が当てずっぽうの運任せではなくなるので、収益の安定化につながります。

 

少ない労力で大量に売れる

アフィリエイトは、レバレッジ効果によって少ない労力で大量に売ることができます。レバレッジ効果とはてこの原理です。小さい力で大きな物を動かす仕組みになぞらえています。

例えば、マッサージ師がどんなに頑張っても1日で100人をマッサージするのはさすがに無理があります。しかし、アフィリエイトは1つのブログで、1日に100人どころか1000人に物を売ることも可能です。国を問わなければ、世界中の何千万人、何億人といった人を相手に、1つの商品を一斉販売することも不可能ではありません。

売り手と買い手が一対一ではなく一対多だからです。
それがレバレッジ効果であり、アフィリエイトの強みです。

肉体労働や、時間を切り売りする雇われ労働は、収入を足し算で積み上げていきます。しかし、アフィリエイトは掛け算によって報酬を倍々に増やしていきます。

 

6.稼ぐ仕組みを自動化しやすい

  • 24時間365日ブログで販売できる
  • 24時間365日メルマガで販売できる

 

24時間365日ブログで販売できる

アフィリエイトは、ブログ記事をアップロードしてしまえば、24時間365日インターネット上で自動的に集客や販売を継続していくことができます。

何年も完全にほったらかしというわけにはいきませんが、検索結果の上位に表示されている間は、しばらく放置しておいても売上がいきなりゼロになるということはありません。旅行や入院など、本来は出費がかさむ状況でも収入が途切れず、むしろ出費分を自動的に稼ぎ出してしまうこともアフィリエイトならば可能です。

突然の震災や災害で長期避難生活を強いられても、いきなり収入が無くなることはありません。また仮設住宅での暮らしが長引いたとしても、最低限パソコンとネット回線があれば作業できる点も、アフィリエイトの強みと言えるでしょう。

 

24時間365日メルマガで販売できる

アフィリエイトの手法と言えばブログやサイトが一般的だったり、Twitter、Facebook、LINEといったSNSが人気だったりしますが、一見時代遅れに思えるメルマガも重要な手法のひとつです。

というより、個人のアフィリエイターが大きく稼ぐならばメルマガは必須と言われるほど、今も枯れることなく現役最強のアフィリエイト手法とされています。メルマガは予約配信や配信順を設定できるので、24時間365日インターネットで販売活動を行えます。

SNSは基本的に自動化できないものが多く、できたとしても単純な処理止まりです。利用者が偏っていたり、母数が少なかったり、そもそも商業利用が禁止されているものが多いです。

ブログは記事を更新しても、読者がすぐに気付いてくれない事が割と普通です。しかし、メルマガは着信すれば気付いてもらえます。またブログやサイトのように訪問する手間もないため、その場ですぐに読んでもらいやすいという強みもあります。

 

7.その他のメリット

  • 売り込まなくても売れる力が身に付く
  • ITやWebのスキルが身に付く
  • より自分らしい適職を見つけることもある
  • 自分と気の合う仲間や友人ができる

これらはアフィリエイトの直接的なメリットというより、アフィリエイトを学び、実践することで得られる間接的なメリットです。

 

売り込まなくても売れる力が身に付く

アフィリエイトは、売り込めば売り込むほど商品は売れないものです。そのためブログやサイトの訪問者の心理や、人が物を買う時の購買者心理を知り、『いかに売り込まずに購入してもらうか?』という販売手法(マーケティング)を学ぶ必要があります。

これは他のインターネットビジネスや、リアルビジネスの物販、サービス業、営業にも活用できるスキルです。

 

ITやWebのスキルが身に付く

物を売るためのブログやサイトを作ることで、ブログ作成ツールやサーバーのファイル転送といったITスキルが身に付きます。また単に見た目のデザインだけではなく、訪問者が物を買うために必要かつ快適な機能(ユーザビリティ)をデザインするスキルも身につきます。

リアルビジネスの中小零細あたりではITに弱い企業がザラにあります。ネットで情報発信をしたり、商品を販売したりする知識や技術を、社員が誰も持っていないという職場です。ネットで物を売る知識を幅広く兼ね備えた人材は、中小零細企業でこそ求められています。

アフィリエイターの中には、そうした企業の代わりに商品を販売したり、ITを管理したり、マーケティングや販売をコンサルするといった、新たな仕事を見つける人も大勢います。

 

より自分らしい適職を見つけることもある

僕と同時期にアフィリエイトを始めた友人知人の中には、アフィリエイト以上に自分の適性に合った別なビジネスを見つけ、起業独立してイキイキと働いている人もいます。アフィリエイト時代の友人知人との縁も切れることなく、互いに強みを活かしたり弱点を補ったりして、ビジネスパートナーとして良好な関係を築いている人も多いです。

アフィリエイト時代に学んだ『売り込まなくても売れる販売力』や『IT技術やWebデザインのスキル』も、そのまま自分自身のビジネスで積極的に活用できます。

自分にスキルがあれば、いちいち業者に頼らなくても自分で試せるので、集客や販売のマーケティングもスピード感があります。依頼する業者も、アフィリエイトで知り合った互いを良く知るビジネス仲間ということも多いです。

 

自分と気の合う仲間や友人ができる

アフィリエイト業界に入ってくる人は、ブラック企業の非常識さや、無神経な社畜のパワハラに嫌気がさして、自分で稼げる方法を探してアフィリエイトに行き着いたという人が多くいます。

僕の知るアフィリエイターや元アフィリエイターも、真面目な人、繊細な人、思慮深い人、正義感の強い人、家族思いの人達ばかりです。だから、何かあれば頼ったり、仕事を依頼したりしやすいのです。

気の合う友人同士であれば、損得抜きで助け合うこともしばしば。ビジネスだからといってギスギスせずに、価値観の合った良い関係を築きやすいです。

 

アフィリエイトの短所、デメリット

  • 即金で稼げるわけではない
  • 広告主やASPに依存している
  • 世間体や評判がイマイチ
  • その他のデメリット

アフィリエイトは多くのメリットがありますが、メリットの裏返しとも言えるデメリットも存在します。

 

1.即金で稼げるわけではない

アフィリエイトは、即金系のビジネスではありません報酬が確定した翌月や翌々月の入金が一般的です。物販や転売ビジネスの多くは、売った直後に代金が支払われるのが一般的です。(ただし、その分、事前に仕入という出費を伴ったり、在庫を抱えたりするリスクがあります)

 

2.広告主やASPに依存している

アフィリエイトは自分で商品を持たなくてもいい反面、商品や販売に関する最終的な決定権はありません。広告主(企業、メーカー)や、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ。広告主とアフィリエイターの仲介業者)に決定権があります。

いくらアフィリエイトで商品の売れ行きが好調でも、キャンペーン終了などで広告主やASPがアフィリエイト広告を停止したら、アフィリエイターは広告主やASPに従って、その商品の広告を外さなければなりません。

大きな売上のある少数の商品に依存せず、複数の商品をアフィリエイトしてリスクを分散しておく必要があります。

 

3.世間体や評判がイマイチ

アフィリエイトは、知らない人から見ると『怪しい』『うさんくさい』という印象をもたれがちです。商品の宣伝広告と紹介販売業に過ぎないのですが、インターネットを使ってサラリーマンより儲かると聞かされると、『怪しくてうさんくさい詐欺的なビジネスに違いない』と決めつけられてしまいます。

全然知らない人に怪しまれたところで気にする必要はまったくないのですが、家族、親戚、友人、知人から怪しいビジネスと誤解されてしまうのはつらいものがあります。

できることなら家族や友人知人といった身近な人から肯定的な後押しをしてもらえるに越したことはありません。また、あなた自身も後ろめたい気持ちに囚われず、ビジネスとして堂々と取り組めば、自ずと成果にもつながっていくでしょう。

なぜアフィリエイトは怪しくてうさんくさい詐欺に見えるのか?

2016.11.27

もし、身近な人から怪しまれたり疑われたりした場合は、感情的な反論や、突き放すような態度を取るべきではありません。特に家族や友人は、あなたが怪しい儲け話にだまされているのではないかと心配して引き止めようとしているのです。感情的に反論したり、突き放したりすると、かえって逆効果になります。

不安や疑いは、わからないというモヤモヤから生まれます。まずは正しくアフィリエイトについて伝えるべきでしょう。そのためには、まずは自分自身がアフィリエイトについて理解し、アフィリエイトに対する不安や疑いを無くす必要があります。自分から怪しいことをしなければ、アフィリエイトは何も怪しくはないビジネスです。周囲の理解は、自分自身の取り組み次第です。

 

4.その他のデメリット

  • 時間をかけたからといって必ず稼げるという保証はない
  • 時間や体調などの自己管理が必要
  • 勉強や自己投資が必要

これらはアフィリエイトのデメリットというよりも、副業のプチ起業にしろ、専業の本格起業にしろ、個人事業主(フリーランス)としてビジネスをするのであれば、どんなビジネスにも当てはまるものです。

 

時間をかけたからといって必ず稼げるという保証はない

雇われ労働のような時間の切り売り労働は、サボろうが、仕事の質が悪かろうが、クビにさえならなければ労働時間分の給料が発生します。しかし、自分でビジネスをする場合、時間をかけたからと言って必ず儲かるという保証はありません。

その代わり、自分の責任において取り組むビジネスは、やり方次第で報酬を倍々に増やす可能性に満ちています。一般的な雇われ労働では、いくら仕事を認められたとしても、給料を倍々に増やすというのは、さすがに難しいのではないでしょうか。

アフィリエイトは、本業の職場に勤めながら、プライベートの時間で副業として取り組みやすいビジネスなので、二足のわらじで稼いでいる人もたくさんいます。初心者は、アフィリエイトで生活費を稼げるという確信を持てるまで、副業でコツコツと取り組むのが最善とも言えます。

 

時間や体調などの自己管理が必要

言うまでもありませんが、会社勤めのような出勤や退勤といった強制的な時間の区切りはありません。サボろうと思えばどこまでもサボれますし、夢中になればどこまでも作業できます。

誰かに指示されなければ行動を決められないとか、強制力がなければ動けないという人は、残念ながら自分でビジネスをすること自体が向いていません。

逆に、外からの強制力さえあれば働けるという人は、会社や組織で働くことに適性があるとも言えます。雇われて働く適性のある人は、無理に起業するよりも、組織の中で自分を活かす働き方を考える方が良いかもしれません。

ただし、ビジネスの適性もやってみなければわかりません。本業のかたわら、アフィリエイトで稼ぐビジネスの適性を見極めてみるのも悪くはないのでは?

 

勉強や自己投資が必要

ビジネスですから、日々の勉強やスキルアップも当然必要です。書籍や教材を購入したり、セミナーや講座を受講するといった自己投資は必要になるでしょう。作業を効率化するツール類や、パソコンの高性能化といった、環境改善の投資も必要になってくるでしょう。

アフィリエイトは、確かに初期費用ゼロから始められますし、毎月の経費も限りなく低く抑えることはできますが、競合(ライバル)はより多く稼ぐための投資を日々惜しまないという事実も知っておくべきでしょう。

1万円を払って10万円を稼げると判断すれば先に1万円を投資し、10万円を払って長期的に100万円分の効率化ができると判断すれば、先に10万円を投資するのがビジネスです。プロ意識とは、単にお客様への姿勢や、商品の品質に対するこだわりだけではなく、稼ぐための積極的な姿勢も含まれているのです。

『ゆっくりでもいいので、なるべくお金を掛けずに低リスクで稼ぐ』か、『稼ぐためにリスクを取って、事前に積極的な投資を繰り返していく』か、それは自分次第です。それを自分で決めることができるのがビジネスの醍醐味とも言えるでしょう。

無難な方法としては、稼いだ利益の半分を投資に回していくという意識です。儲けを全部投資に回してしまえば、その分、もっと稼げるようになりますが……やはりご褒美があっても良いでしょう。利益の半分で欲しいものを買ったり、やりたいことを叶えながら、スキルアップや環境改善にも投資していきます。

楽しみながら作業のモチベーションを維持しつつ、実務を効率化するための自己投資や設備投資もバランス良く行っていくことが、アフィリエイトの成功法則です。継続は力ですよ。

 

僕はアフィリエイトを選んだ

雇われずに自宅で生活費を稼ぐ低リスク少資金の方法として『アフィリエイトというビジネスもあるよ』ということをきちんと伝えたかったので、ずいぶんと長い記事になってしまいました。

アフィリエイトにはいくつかのデメリットがありますが、僕はメリットを取りました。カネなしコネなし人脈なし独自の商品もサービスもなし。そんな自分が単なる小遣い稼ぎではなく生活費を稼ぐためにはアフィリエイトが最適でしたし、他に突破口となるビジネスも見つかりませんでした。

 

労働弱者が生活収入を得る方法

  • どうしても雇われてうまく働くことができない
  • 子育て・介護・看護などの事情で外に働きに出られない
  • 震災や災害によって職を失い、仮設住宅や長期の避難生活をしている

労働弱者が雇われずに自宅で生活費を稼ぐ方法として、低リスク少資金で始められるアフィリエイトは最適なビジネスではないでしょうか。

 

アフィリエイトで『稼ぐ力』を身につけよう

企業は利益を貯めこみ、資産持ちはますます資産が増え、雇われ労働者は働けども収入は上がらず生活は貧しくなっていく── 本来は国や地方行政が担うべき福祉や老後を、日本では長年、終身雇用や年功序列によって企業がカバーしてきました。しかし企業がその役割を下りてしまい、国が弱者を保護しきれないまま、貧富や福祉の格差は広がっています。

国や企業に依存したままでは生活は良くならない── 失われた10年から20年が経ち、国や企業や景気に期待しても自分の生活は何一つ思い通りにならなかった── 東日本大震災という非日常の被災生活を体験し、人はいつ死んでもおかしくないという事実を実感した──

遅まきながら四十路になってようやく、僕はそれらの事実に気付きました。(いや、気付いていたけど気付かないふりをしていただけかもしれませんが) 自分の人生は自分自身でどうにかするしかないという当たり前の事実に向き合ったのです。

それにはまず雇われ労働の苦悩から脱出し、心身の健康を守り、生活費を自力で稼ぎながら今現在の生活を向上させ、将来に向けて安定継続的な『稼ぐ力』を身に付ける── 大げさかもしれませんが、これがアフィリエイトを選んだ僕の理由です。

ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

【5つの無料レポートをプレゼント】
実際に審査に通ったブログ&サイトを公開

■Report 1■
Googleアドセンスの審査に通った1ページしかないサイトを公開

■Report 2■
Amazonアソシエイトの審査に27回目で通ったブログを公開

■Report 3■
アフィリエイト初心者向けASP登録用ブログを公開

■Report 4■
自宅で稼ぐ初心者が今日からやるべき準備7+2

■Report 5■
要注意!僕が転職に失敗し続けた3つの元凶

全48ページ(A4版PDF換算)

コメントを残す