『記事もPV数も増えているのに迷いが生じる……ブログを続ける意味はあるのか?』と悩むブロガーに提案

ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

ども、さとけんです。今回は記事の更新に慣れてきたブロガーが抱えやすい悩みについて。

 

記事を増やした。
PV(ページビュー)数も上昇した。

でも、なぜか迷いが生じる……

このままブログを続ける意味はあるのだろうか

 

そんな悩みを抱えているブロガーは少なくありません。
この記事では、ブログを収益化(マネタイズ)することで迷いをなくす考え方を提案しています。

 

良い記事を書き、感謝の声もある。でも満たされない。

『きっと誰かの役に立つ。
そう考えて記事を書いている。

たまに喜びのコメントや、感謝のメールだってもらえる。

ホラ、自分は間違っていない

……はず。

ブログは金儲けだけが目的ではない。
だから良い記事を心掛けて書き続けている。

そんな自分は間違っていない

……はず。

なのに、最近わからなくなってきた。

間違ってはいない……はず。
なのに、記事を書き続ける意味がわからなくなってきた。

なぜ、自分は満たされない気分になっているのか?
なぜ、ブログを続けることに迷い始めているのか

……わからない』

 

そんなふうに悩んだことはありませんか?

 

ブロガーのジレンマは目的がハッキリしていないから

ブログを続ける“意味”
ブログを運用する“目的”

その目的を見失うと、どこに向かえばいいのかわからなくなってしまいます。

何のためにブログを始めたのか?
誰のために記事を書くのか?

もしかしたら、いつの間にか目的と手段が入れ替わっているのかもしれません。

 

そのブログは趣味ブログ? ビジネスブログ?

単に好きなことを書き連ねる趣味ブログならば迷うことはないはずです。
書くこと自体が目的だからです。

逆に、書くことに迷いが生じたり、義務感を覚えたりするなら、それは趣味ブログとは言えません。

 

収益ゼロでも割り切れるのが趣味ブログ

ブログで記事を書くこと自体が楽しめるなら、趣味ブログです。

『小遣いが稼げたらラッキー。でも、収益ゼロでも構わない。だって趣味だから

そんな風に割り切れるかどうか?
それが趣味ブログとビジネスブログの境界線と(僕は)考えます。

 

目的が収益化(マネタイズ)ならばビジネスブログ

もし、ブログが最終的に収益化(マネタイズ)が目的ならビジネスブログです。

もちろん、有益な情報を伝える記事や、売り込み以外に読者に喜んでもらえる記事も必要です。しかし目的が収益化(マネタイズ)であれば、記事を書くことは目的ではなく、収益化するための手段です。

記事を書くこと自体が目的の趣味ブログとは逆なのです。

 

まずはブログの目的を明確化する

ブログの運用に迷いやジレンマを感じるのなら、まず最初にやるべきは目的の明確化です。

  • 趣味ブログなら、徹底的に好きなことにこだわった記事を書いて楽しむ。
  • ビジネスブログなら、収益化につながる記事を書いて成果を喜ぶ。

この2つは目的と手段が正反対です。自分がどちら寄りでブログを運用しているのかを自覚しましょう。目指す方向性がハッキリすれば、それだけで迷いは少なくなります。

どっちつかずは一番苦しいです。
楽しくないですし、成果も出ないので、迷いが生じるのです。

ビジネスブログならば、収益化(マネタイズ)という目的を持って迷いを解消しましょう。

 

ブログの収益化(マネタイズ)に必要なこと

平たく言えば、ブログでモノを売る。
もしくは、ブログで集客してリアルで売る。

これに尽きます。

 

ブログでモノが売れない理由

  • 売るモノがない
  • モノを売っていない
  • 売っているけど売れない

このどれかです。
売れない原因を一つずつ解決していけば、ブログを収益化(マネタイズ)できます。

 

“売るモノがない”を解決する

まずはブログで販売するモノ(商品やサービス)を見つけましょう。

 

売るモノ1)独自の商品

例えば、家の中の不用品をブログで売れば、それが“売るモノ”になりますよね。

でも、不用品は無限にわいて出てくるわけではないので、そのうち売るモノは無くなってしまいます。また不用品の売買は、ブログで売るというよりも、Yahoo!オークションやスマホアプリを使うことが多いですよね。

 

商品を仕入れてブログで売る

外から売るモノを買ってきて、利益を上乗せしてブログで売る──
これが一番シンプルなブログの収益化(マネタイズ)です。

転売ですね。
問屋を通して商品を仕入れてブログで販売すれば、立派な小売りビジネスです。

 

自分で作った商品をブログで売る

  • 手作りの小物
  • オリジナルの製品
  • 自費出版の書籍
  • 音楽CD、映像DVD
  • デジタルデータ(PDF、画像、ツール、プログラム等)

デジタルデータは、Amazonの電子書籍セルフ出版や、素材画像や楽曲データの専用サイト販売も含めます。自分のデジタル商品をブログで宣伝し、販売先に誘導します。情報商材の制作販売も、これらと大差ありません。

 

売るもの2)独自のサービス

自分ができる事をサービスとして商品化し、ブログで販売すれば、立派なサービス業です。

僕のジタカセ・サービスも、文字どおりサービス業としてブログで販売しているわけです。ジタカセ・サービスは、インターネットだけで申し込み、サービス提供(作業)、決済まで完了する、作業代行系のサービス業です。

でも、別にサービスが必ずしもインターネットだけで完結する必要はありません。ブログで地元向けに情報提供して、リアルでサービスを提供しても良いわけです。店舗型とか訪問型のサービス提供ですね。

 

売るもの3)アフィリエイト

アフィリエイトは、正確には売るものではなく売る手段です。独自商品や独自サービスが無くても、他社商品やサービスをブログで紹介して報酬を得られます。

独自商品や独自サービスよりも利益率は低いですが、仕入れ・決済・クレーム対応の手間が無いので、初心者向けです。Googleアドセンスほどラクではないですが、報酬単価は高いです。

 

“モノを売っていない”を解決する

ブログで収益化できないという人を見ると、意外と多い理由がこれです。

  • 何も売っていない
  • ブログを見てもモノを売っていることがわからない

まだ準備が完全ではない、自信がないという理由です。

準備が完全になることはありません。
自信は、経験しなければ得られません。

売るための努力をしなければ、売れるモノも売れません。

 

 

まず売る。売るための努力をする。

  • 売っているモノをブログで見せる
  • モノを売っていることを伝える

八百屋が店先に野菜を並べていなかったり、並んでいるけど売り物かどうかわからない状態で店主が黙っていたら、誰も買い物をしてくれませんよね。

売るモノを決めたら、モノを売り場に出さなければなりません。モノを売り場に出したら、それが売りモノであることを伝えなければなりません。

SEOのテクニック、記事ライティングのノウハウ、ブログのデザインや見た目のカスタマイズといったマーケティングは、セールス(セリング:販売)の前提を終えてからの話です。

 

“売っているけど売れない”を解決する

売るモノを決め、売るモノをブログで見せて、売っていることをブログで示したら、ここからようやくマーケティングです。

マーケティングとは、販売手法や販売支援といった販売活動のすべてを指します。“何を売るか(What)”を決めた後の、“どう売るか(How)”の段階です。ここからはテクニックやノウハウなど、一気にこまかい話になっていきます。

 

ブログの収益化(マネタイズ)で意識すべきマーケティング

  • ブログへの集客(SEO、SNSの活用)
  • 目的別の記事ライティング(集客、拡散、教育、ファン化、販売)
  • サイト分析(アクセス解析、コンバージョン計測、A/Bテスト)

やることは星の数ほどあるので、効果の高いことから優先順位を決めて取り組みます。

 

売り込まなくても売れるようになるためには

よくアフィリエイトでは『売り込むと余計に売れないから、記事で売り込んではいけない』と言われます。でも、それは“売り込まなくても売れる記事の書き方を実践していること”が前提にあります。

売り込み記事はダメだからと言って、単に自分の好きなことや主義主張だけを記事にし続けても、残念ながらモノは売れません。

 

ブランディング戦略は強力だけど、タフな精神力と高い対人スキルが必要

ブログで自分の個性や主義主張を全面に押し出し、固定読者やファンを獲得してモノを売る方法は、芸能人やアルファブロガーと呼ばれる人たちのブランディング戦略です。

ブランディング戦略は強力ですが、ファンと同じぐらいの敵を作ったり、熱狂的な信者が手のひらを返してクレーマーになったりする事も日常茶飯事です。叩かれてもメゲないタフな精神力が必要です。

また、支援者や協力者といった人的なつながりを作るなど、実は高い対人スキルが必要な戦略です。

 

ライティング戦略は地味だけど、どんなビジネスでも使えるスキルが身に付く

ライティング戦略は、情報収集(リサーチ)や論理的な記事を書くスキルでモノを売る戦略です。

リアルであれば、チラシ広告、雑誌広告、郵送のダイレクトメールなど。ネットでは、セールスコピーライターアフィリエイターがライティングのスキルでモノを売っています。

ブランディング戦略よりも地味ながら、どんなビジネスにも欠かせないモノを売るスキルが身に付きます。

 

初心者はブランディングを意識しつつ、ライティング戦略を身に付ける

ブランディング戦略は、本人のキャラクター性やセンスによるところが大きいため、いくら望んでも狙いどおりにならない人もいれば、本人にその気はないのにグングン人気が出る人もいます。

まとめサイトやキュレーションサイトなど、今は有益な情報がいくらでもあふれています。今後、他者との差別化につながるのは自分の個性や経験です。

奇抜なキャラクター性や演出によるブランディングは必要ありません。個性や経験は、他の人が持っていない差別化の武器なのです。個性や経験を出すことを怖がらないこと。それだけでもブランディングの意識づけになります。

個性を表現したり、経験を活かした記事を書いたりするために、確実かつ安定的に成果を出しやすいライティングのスキルを身に付けると良いでしょう。どんなに個性や経験で差別化できても、読みづらい文章や記事の構成では台無しになるからです。

アフィリエイトは、ライティングのスキル、SEOによる集客、読者がモノを買う導線といったブログでモノを売るためのスキルを一通り身に付けることができます。独自商品やサービスのブログ販売も、基本はアフィリエイトと同じなので、ビジネスブロガーにも参考になるでしょう。

 

ビジネスブログの迷いは収益化(マネタイズ)によって解消する

記事を増やした。
PV数も上昇した。

でも、なぜか迷いが生じる……

このままブログを続ける意味はあるのだろうか

 

その迷いは、ビジネスブログとして収益化(マネタイズ)すれば解消します。

 

記事を増やした。
PV数も上昇した。

読者の反応も良い。

それだけではない。
モノも順調に売れている。

よかった。

もっと喜ばれる記事を書こう。
もっと稼げる記事を増やそう。

 

ブログを収益化(マネタイズ)すれば、きっとそう思えますよね。

 

ブログを収益化(マネタイズ)してモノを売ることは悪いことではない

モノを売るということは、その人の生活を向上させて、人生を豊かにする手伝いをするということです。モノが売れたということは、その結果が出たということです。

その代価としての報酬を得られれば、自分の生活を維持できます。生活を維持できれば、更に多くの人にモノを売れます。それはつまり、更に多くの人の生活を向上させたり、人生を豊かにする手伝いを続けられるということです。

これがブログを収益化(マネタイズ)する目的です。

どうでしょう? 迷いは生じますか?
ブログを続ける意味を自問自答することもなくなりますよね?

もし記事を書き続けることに迷ったり、 ブログをやる意味がわからなくなったりしたら、ぜひ“ビジネスブログの収益化”に取り組んでみてください。

 

アフィリエイトでブログを収益化(マネタイズ)しませんか?

雇われずに自宅で生活費を稼ぎながら、人や社会のためになるビジネスを始めましょう。

ここをクリックすると記事のURLとタイトルをコピーします

【5つの無料レポートをプレゼント】
実際に審査に通ったブログ&サイトを公開

■Report 1■
Googleアドセンスの審査に通った1ページしかないサイトを公開

■Report 2■
Amazonアソシエイトの審査に27回目で通ったブログを公開

■Report 3■
アフィリエイト初心者向けASP登録用ブログを公開

■Report 4■
自宅で稼ぐ初心者が今日からやるべき準備7+2

■Report 5■
要注意!僕が転職に失敗し続けた3つの元凶

全48ページ(A4版PDF換算)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA